公式キャンペーン情報|グループ割・リモートサービスなど、詳しくご紹介します

数ある光回線の中でも先駆け的な立場で対応エリアも広いフレッツ光ですが、光コラボレーションなどのサービスの登場によってキャンペーンや割引サービスが少なくなる傾向にあります。そんな中でも、依然としてフレッツ光公式では様々なキャンペーンや割引サービスを実施しており、それらのキャンペーンや割引を利用すればまだまだお得に光回線を利用する事も可能です。

意外に充実しているフレッツ光の公式キャンペーン

フレッツ光公式では他の光コラボレーションサービスやauひかりなどと比べると、高額なキャッシュバックキャンペーンを行っていないので、お得感が少ないというイメージがあるかもしれませんが、フレッツ光公式にはWeb光もっともっと割をはじめとした様々な割引サービスやキャンペーンがあります。

フレッツ光公式キャンペーンのグループ割とは

フレッツ光の公式割引キャンペーンの中でも代表的な割引サービスなのが、グループ割です。グループ割はその名の通り、2回線もしくは3回線といった具合に複数のフレッツ光回線を申込んだ時に対象になります。

グループ割の割引プランには大きく分けて、みんな割引プランとまとめて割引プランの2つの割引プランが存在します。

みんな割引プランの場合は、グループ加入者それぞれの回線の月額料金を300円、まとめて割引プランの場合は2回線の申込で600円、3回線の申込で900円の割引となります。この2つの割引プランの違いは料金面以外に、全ての回線対して割引が適用されるか主回線のみに適用されるかの違いがあります。

この割引サービスは、NTT西日本公式のフレッツ光のみで行われているキャンペーンという点に注意は必要ですが、NTT西日本管内に住んでいる人であれば利用して損は無いサービスです。

ちなみにNTT東日本管内のフレッツ光の公式キャンペーンでも単身&かぞく 応援割のような名称で同等の割引サービスを実施しています。

初心者には嬉しいリモートサポートサービス

新規に光回線やインターネット回線を引くという人が一番不安に感じるのは、やはりきちんと正しくインターネットやパソコンの設定が出来るのかという事でしょう。

そこで役に立つのがリモートサポートサービスです。このサービスは最初のうちはパソコンやインターネット・メールなどの初期設定、プリンターなどの無線LANの設定などパソコン初心者の人が躓きやすいポイントを分かりやすくサポートしてくれます。また、初期設定が終わった後も急にインターネットが繋がらなくなったなどのトラブルにも対応してくれます。

加えてリモートサポートという名の通り、サポートは電話によるサポートだけではなく、予めパソコンにリモートサポートに必要なソフトをインストールしておけばオペレーターが遠隔操作してくれるので、視覚的に確認しながら操作出来ます。

このリモートサポートサービスも開通から1ヶ月は無料で利用出来るので、不要だと思ったら1ヶ月が過ぎてから解約すれば、無駄に払う月額料金を削減する事も出来ます。

他にも様々な割引サービスが

その他のフレッツ光の公式割引サービスを簡単に紹介すると、2015年5月1日から始まっている比較的新しい割引サービスの光ライト割に注目です。

割引内容は、フレッツ光ライトファミリータイプとフレッツ・あっと割引の両方に新規契約で申込んだ人を対象に開通から最大31ヵ月間の月額利用料がフレッツ・あっと割引が適用される場合よりも、毎月500円割引になるという物です。

2段階の定額制サービスのフレッツ光ライトにあって、毎月500円が31ヶ月にわたって割引かれるのはそれ程インターネットを利用しない月がある人であれば、その分お得になる事を意味しており、月々の通信費を効率良く削減する事が出来ます。

3ヶ月まるまる月額料金が無料になる、フレッツ光ライトファミリータイプ・マンションタイプを対象にした、まるまる3ヶ月無料サービスは他の光回線サービスにはなかなか無い割引サービスです。

まるまる3ヶ月無料のような月額料金が無料という割引サービスは、こうした光回線サービスを見渡してみてもあまり無くもしあったとしても、まるまる3ヶ月無料というのはほとんど無く、光回線サービスを試してみたいと考えている人にはお得感の強い割引サービスです。

まとめ

確かに光コラボレーションの高額現金のキャッシュバックキャンペーンや様々な特典は魅力的ではあります。しかし、月々の月額料金の割引サービスを比べてみると、auひかりやソフトバンク光などのように携帯電話会社が運営している光回線であれば、携帯会社と光回線をセットにする割引サービスであればお得感は増しますが、スマートフォンを持っていないもしくはそれ程利用しないという人にとってはお得感の少ない割引サービスです。

そう考えるとフレッツ光公式の割引サービスやキャンペーンは高額な現金キャッシュバックこそありませんが、初心者向けのサポートサービスやグループ割のような割引サービスなどがあり、インターネットの設定に不安のある人や複数の人一緒に回線を引こうと考えている人にはピッタリの光回線と言えます。

フレッツ西日本のキャンペーン情報|ライト割・まるまる三ヶ月・あっと割など

フレッツ西日本は多くの人が利用している回線提供サービスです、インターネットを利用するのは、もはや当たり前の時代、値段が安いことに越したことはありません。そこでフレッツ西日本では、様々な割引キャンペーンが実施されています。今回はフレッツ光ライトのファミリータイプを検討する場合を主に解説します。

フレッツ光ライトとは

フレッツ西日本の最もポピュラーなサービスの1つで、2段階の定額制になっています。320MBまでなら基本料金3,200円のみで、320MBから1320MBまでの利用の場合は、基本料金に加え、利用した分だけの支払いになります。1320MB以上利用する場合は上限があり、どれだけ使っても上限金額の6,000円になります。

おトクな割引サービスフレッツ・あっと割引とは

フレッツ西だけのサービスで、フレッツあっと割の条件は「フレッツ 光ネクスト ビジネスタイプ」、「フレッツ・光プレミアム エンタープライズタイプ」、「フレッツ 光ライト」、「Bフレッツ」のどれかを2年間継続利用することを条件に申し込みをした場合に受けることができます。また、各サービス内で品目を変更した場合でも、割引の適用は継続されるので、ライフスタイルに合わせ、安心してサービスを変更することができます。

「フレッツ 光ライト」はファミリータイプとマンションタイプの2種類があります。ファミリータイプの場合、本来の月額利用料金が3,200円~6,000円ですが、毎月400円割引され、2,800円~5,600円になります。マンションタイプであれば、本来の月額利用料金は2,600円~5,400円です。基本料金である2,600円の場合、毎月400円割引され、上限料金である5,400円の場合は毎月1,000円 割引されるので、毎月の月額利用料金は2,200円~4,400円となります。

注意点は学生割引、シニア割引など、各種割引との二重適用ができないことと、2年間経たずに解約した場合は解約金がかかってしまうことです。学生割、シニア割もフレッツ西だけでの割引サービスなので当てはまる人はよく検討しましょう。

おトクな割引サービス光ライト割とは

フレッツ西だけのサービスで、光ライト割の条件は「フレッツ 光ライト ファミリータイプ」と「フレッツ・あっと割引」を新規で同時に申し込むことです。
開通してから月額利用料が、フレッツ・あっと割引からさらに、最大31ヵ月間もの間、毎月500円割引になります。
光ライト割の場合、フレッツあっと割で月額2,800円~5,600円だったところからさらに割引され、月額利用料金
2,300円~5,100円になります。
この料金は月にどれくらいインターネットを利用するかで変わりますが、基本料金は毎月320MBまで使用した場合(目安としてインターネットの利用が1回あたり30程度と仮定し、週に1回程度の利用の場合で、ゲーム、動画といったサービスはほとんど利用しない場合)、料金の中間地点月額3810円は860MBまで使用した場合(目安としてはインターネット利用を1回あたり1時間と仮定し、週に3回程度利用し、動画の視聴を月に30分程度利用する場合)、そして1320MB以上使用した場合は上限料金の5,100円になります。

注意点はフレッツ光ネクストであれば、インターネットをどれだけ使っても月額3,810円なので(フレッツ公式サイトから新規申し込みかつWeb光もっと2割が適用されている場合です。開始6年目まで、月額料金が割引され、ファミリータイプの場合3,810円、マンションタイプの場合2,930円になります。注意点として割引適用期間の満了月とその翌月に以外の期間に解約すると、解約金がかかってきます)、利用状況によっては光ライト割よりフレッツ 光ネクストの方が安くなってしまう点です。ただし、フレッツ光ネクストはあまり使わなかった月でも月額3,810円かかるので、インターネットを頻繁に利用しない場合は、光ライト割の方が絶対におトクです。

おトクな割引サービスまるまる三ヶ月無料とは

フレッツ光ライトのファミリータイプ、あるいはマンションタイプを新規で申し込みした場合、月額利用料金が、利用開始日からまるまる3ヵ月間無料になります。こちらもフレッツ西だけのサービスになっています。

注意点として、品目を変更した場合には適用されないこと(フレッツ光ライトのファミリータイプからマンションタイプに変更した時など)、過去に「光ぐっと割引」「まるまる3ヵ月無料」「まるまる2ヵ月半額割引」の適用を受けたことがあり、且つ前回のフレッツ光解約から1年未満、あるいは過去2回以上いずれかの割引の適用を受けたことがあり、且つ同一の設置場所で再度申し込みをした場合は適用されないことです。
また、割引適用中にフレッツ光ライトのファミリータイプからマンションタイプに品目変更した場合は、割引が適用されますが、フレッツ 光ライトファミリータイプからフレッツ 光ネクストなど、他のサービスに移行した場合は、割引の適用が終了してしまいます。

まとめ

フレッツ西日本ではたくさんの割引サービスがありますが、自分にあった割引サービスを検討するうえで、まずは自分が今、どんなサービスに加入しているか、どれくらいインターネットを利用しているかチェックすることが必要です。フレッツ西日本のフレッツ光ライトは、普段それほどインターネットを利用しない、という人にとっては非常にお得なサービスで、定額の値段が安いだけでなく、新規登録の場合、フレッツあっと割引、光ライト割、まるまる三ヶ月無料
の全てが対象です。使いすぎてしまったと思った月でも、上限が設定されているので安心して利用することができます。さらにフレッツ西では「CLUB NTT-West」の会員になることでポイントをためるたり、プレゼントキャンペーンに応募することもできるので、非常に良心的といえます。”